« 『安全登山教室』 | トップページ | 岩手山@百名山へ »

2016年6月17日 (金)

弥彦山~多宝山@西生寺登山口発♪

P6010064_1280x819_500x320

西生寺P⇒弥彦山⇒多宝山をピストン山行してきましたshoe dash。 西生寺登山口の駐車場はガラガラ、一番乗りかと思ったのですが、春の花の時期以外は静かなコースのようです(゚ー゚;

 

【コース】西生寺登山口(発) 9:50 ⇒能登見平 10:29 ⇒▲弥彦山山頂(634m) 10:59 ⇒大平公園 11:31 ⇒11:53 ▲多宝山 12:16 ⇒ 弥彦山 13:03 ⇒能登見平 13:24 ⇒西生寺登山口(着)13:56

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


 

 

P6010001_1280x960_500x375_2
静かな山歩きのスタートshoedash

P6010002_1280x960_500x375
ノアザミです。 初夏ですねぇ~🌸

P6010011_1280x960_500x375
弥彦スカイラインを横断して、木陰の登山道を静かに歩いていますshoe

《弥彦山山頂 634m》
P6010022_1280x960_500x375

先輩ノボラー姉さんに声をかけていただきました

confident:どっから来たの?
virgo:西生寺からです
confident:誰もいなかったでしょ
virgo:ハイ、誰にも会いませんでした
happy01:そこは、花の時期しか登る人いないんだよ。ケモノも居ないけどね!
virgo:ハイ、ケモノにもあいませんでしたぁ~
confidentvirgo:あははははぁー。ケモノが居なくてイイよねぇーhappy01 happy01


初めて会ったノボラー姉さんと、大笑いの弥彦山山頂から、多宝山に向かいますdenim

《大平公園》
P6010035_1280x960_500x375
これから向かう多宝山山頂を眺めて・・・・eye heart04

P6010050_1280x960_500x375
先ほど居た弥彦山山頂を眺めて・・・・eye heart04

P6010038_1280x960_500x375
ん? 不思議な光景ですsign02

P6010041_1280x960_500x375
良い香りがするエゴノキの下を歩いて・・・。 (*^-^)イイ香りに満足~

《多宝山山頂 633.8m》

P6010047_1280x960_500x375
多宝山山頂も静かです。

終始静かな山歩き、多宝山山頂からは登って来たコースを下山てきました(*^-^)
 


 

   にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ 静かな山歩き shoe heart04
   にほんブログ村  

   
   登山・キャンプ ブログランキングへ

   ポチッとよろしく!

 

|

« 『安全登山教室』 | トップページ | 岩手山@百名山へ »

佐渡・弥彦・角田」カテゴリの記事

コメント

おっはよう!
時にはしみじみ静かな山歩きもいいもんですね
その中での大笑い このギャップが何とも絵に成りますね

私もそろそろ一人自転車がしたく成ってきました。
でも今日は生憎の雨です。上手くタイミングが合いませんdown 

投稿: けいあん | 2016年6月17日 (金) 10時44分

木漏れ日が、とってもいい感じですね。 暑くもなくて
過ごし易いのかも。 歩き慣れた道でも、新しい発見や
出逢いがあって楽しい。 あっ、ノアザミなのですね。

投稿: エンドウマメ | 2016年6月17日 (金) 13時51分

diamondけいあん さま

こんばんはぁ~♪
花の時期には駐車場に入れない車が路駐するほどの人気コースなんですけどぅ、ホント、静かでしたわぁー( ̄Д ̄;;
山頂では知らない方と大笑いではじけてしまいましたぁーhappy01
今日は、天気が回復したので角田山にトレーニングに行ってきましたshoe
風を切って自転車でビューンbicycledash
丁度いい季節ですねぇ~clover

投稿: tuba姐 | 2016年6月18日 (土) 00時00分

diamondエンドウマメ さま

直射日光にあたると暑くなるけど、木漏れ日の登山道は涼しい風も吹いて、気持よく歩けましたshoe
登山道わきの下草が随分茂って、雪割草のお花見の頃とは全く雰囲気が変わってましたけどclover
花も、夏の花が咲いてました♪
そそっ、ノアザミが可愛く咲いてましたょぅ🌸

投稿: tuba姐 | 2016年6月18日 (土) 00時08分

何処も似たようなもんだね 時期が過ぎると静かになっちゃうなんて。

投稿: ハッピーのパパ | 2016年6月18日 (土) 08時32分

tuba姐さん、こんにちは

越後三山って看板、初めて見ました。ふつう越後三山と言えば「ハナコ」ですよね? 海辺の山域には熊が居ないんですか? 安田の方ではクマ出没のニュースが多かったと記憶しています。弥彦山山頂まで車で行った事がありますョ。

投稿: 岳 | 2016年6月18日 (土) 09時19分

明るいキャラ故?だれでも友達になることが出来ますね。
素晴らしいことです。

投稿: もうぞう | 2016年6月19日 (日) 05時29分

エゴノキ、写真から良い匂いが漂ってきそう♪
実に毒があるイメージですが、
花は可憐で、初夏を感じますね~。
静かな山歩きで、初夏の空気を感じるのも素敵です。

投稿: ひよこ豆 | 2016年6月19日 (日) 23時04分

こんにちは✿
ノアザミを見ると、もう季節は初夏って感じですねclover
下界では知らない方と話すこともないのですが、山は不思議と自然に山登りやお花の話題になってまったく知らない方とも楽しく会話が広がりますconfident
梅雨に入り蒸し暑くて、何かと理由をつけて里山から遠ざかってますがtuba姐さん見習って登らなくちゃcoldsweats01

投稿: らるご | 2016年6月20日 (月) 17時34分

人間も、ケモノもいない登山道。
確かに、花の時期しか裏参道は行かないですね!
ニョロはいませんでしたか?

なんであんな所に車rvcar

投稿: マイン | 2016年6月20日 (月) 20時04分

 弥彦山にもひと気の少ない登山道があるんですね!
この辺りの里山には冬以外は
何かしら花が咲いていてどの登山道も
賑やかなのかと思ってましたcoldsweats01

投稿: 鍬岳 井助 | 2016年6月20日 (月) 21時02分

diamondハッピーのパパ さま

こんばんは~
人気の弥彦山、花の時期を過ぎると静かな登山道になっちゃってました。
静か過ぎですよぅー(@Д@;

投稿: tuba姐 | 2016年6月23日 (木) 20時10分

diamond岳 さま

そうですよね。
英知後三山は「は・な・こ」です。
正しくは西蒲三山? 市町村合併で「西蒲三山」もNGかなぁー
国上山ー弥彦山ー角田山は、周りが田んぼに囲まれていてほかの山とは隔離された状態です。おかげで、熊もサルも居ない安心なお山ですhappy01

投稿: tuba姐 | 2016年6月23日 (木) 20時45分

diamondもうぞう さま

ふふっ♪
ありがとぉ~
山頂で声をかけてくださったお姉さん、親しみやすく爽やかな方でしたhappy01
ステキなノボラーさんと会えてほっこり~heart04

投稿: tuba姐 | 2016年6月23日 (木) 21時07分

diamondひよこ豆 さま

エッ!
エゴノキの実には毒!( ̄◇ ̄;)知りませんでしたsweat02
花はイイ香りがして綺麗でしたー🌼
初夏の里山、静かなコースをチョイスしちゃったけど、イイ山歩きがでしましたhappy01scissors


投稿: tuba姐 | 2016年6月23日 (木) 21時19分

diamondらるご さま

こんばんはぁ~♪
日差しも、山の花も初夏ですねぇ~🌸
ホント、山で知らない方と良くしゃべっていますsmile notesズッと前から知り合いのようにcoldsweats01
近くの里山で花見山行しながら、アンヨを鍛えていますぅfoot
夏の高い山に挑戦するぞー!の、気持ちでねhappy01 scissors

投稿: tuba姐 | 2016年6月23日 (木) 21時39分

diamondマイン さま

広い駐車場が在る西生寺コース、花の時期だけじゃ勿体ないよねぇ~
~>゜)~~~ には遭遇しなくてdashホッ!
大平公園の車には、(。´・ω・)???

弥彦山もすっかり初夏の山でしたfuji

投稿: tuba姐 | 2016年6月23日 (木) 21時51分

diamond鍬岳 井助 さま

春の花の時期は、駐車場に入れない車が路駐するほどの登山者でにぎわうので、てっきり今も大勢いるかと思えば・・・sweat02
で、
静かな山歩きをしてきましたぁ~shoe
これから咲く花を眺めに、また出かけますよぅ~🌸

投稿: tuba姐 | 2016年6月23日 (木) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/367704/66020963

この記事へのトラックバック一覧です: 弥彦山~多宝山@西生寺登山口発♪:

« 『安全登山教室』 | トップページ | 岩手山@百名山へ »