« 粟ヶ岳@ヒメサユリ | トップページ | 越後白山@ギンリョウソウの花盛り »

2015年6月10日 (水)

飯豊連峰@門内岳にキタ━(゚∀゚)━!!

P1050282_800x600
門内岳バンザーィ !(^^)! 予定より大幅に遅れて立った山頂から見たパノラマは最高でした。例年より早い雪融けで雪渓に下りることを阻まれた門内岳登攀、ピーカンの空に真っ白な雪が眩しかったsnowsun

2015/6/7(日)sun

 

【コース】ゲート(発) 6:9 ⇒温身平 6:29 ⇒8:47 雪渓(夏道分岐) 8:57 ⇒石転びの出合 9:17 ⇒13:16▲ 門内岳(1887m) 14:04 ⇒石転びの出合 15:21 ⇒雪渓(夏道分岐) 15:45 ⇒温身平 17:45 ⇒ゲート(着) 18:23

※画像クリックで拡大映像になりますheart04

6:9 《ゲート》
P1050232_800x600
山スキー2名、つぼ足5名の7名でイザーーーdashdash

P1050233_1024x768

6:29 《温身平》
P1050236_800x600
右端に石転び沢が見えます。梅花皮小屋もevent

6:40
P1050237_800x600
この地点から石転びの出合まで3200m

6:58
P1050239_800x600
飯豊のブナ林はスケールがデカい

7:14
P1050240_800x600
数十メートルにわたり登山道が崩落していました。ザイルが張ってあったのでホッdash

7:47
P1050242_800x600
そろそろ雪渓に下りるころかしら?

7:50
P1050243_800x600
アーッ! 雪渓がボロボロで上がれませんimpact

8:14
P1050244_800x600
倒木を跨ぎ、そして潜り抜け・・・、高巻きに夏道を進みます。

サバイバル?coldsweats02 アスレチック?coldsweats02 

蒸し暑いし、アップダウンがキツイsign04sweat01

8:24
P1050245_800x600
雪渓に下りてみたけどNGでした。 (ー_ー)!!ここもダメかぁーsweat02

またもや、高巻きの夏道歩きですshoe dash

8:31
P1050247_800x600
割れた雪渓を超えてたのに・・・またまたNG。 夏道へ向かいますshoe

8:38
P1050250_800x600

8:41
P1050251_800x600

雪渓に下りては、高巻きの夏道歩きを繰り返しましたbearingsweat01

8:47
P1050252_1024x768
ようやく雪渓歩きが出来そぅ~snow

あぁーっ! 石転びの出合が直ぐそこだぁ~sign01 ( ゚д゚)ポカーン

8:57
P1050254_800x600

 

9:16 《石転びの出合》
P1050255_1024x768
左の雪渓が石転び沢。右の見え隠れしている門内沢に突入sign01

 

9:26
P1050257_1024x768

  

10:00
P1050261_800x600

休憩後、アイゼンを装着sign01

いよいよ急登が始まりますimpact

 

10:15
P1050264_800x600

“ストーーーップsign01 前を歩いていたKさんの叫び

 

“落ーーーッsign01” I さんも叫びます

 

20~30cm代の雪の塊がゴロゴロと雪崩れてきました。

 

しばらく静止して、雪崩をやり過ごし、また、歩きました。

 

10:22 《雪崩の現場》
P1050265_800x600
雪崩れた現場を見ながら足を止めずに進みましたshoe dash

11:26
P1050267_1024x768
石がゴロゴロ・ゴロゴロと点在しています  アッブネェーdanger

11:28
P1050270_800x600
最後の休憩も、雪崩れ&落石に注意danger

11:38
P1050272_1024x768

目指すは、湧き上がるガスが招く中央の雪渓ですsnow
 

13:10 《門内小屋》
P1050274_1024x767

最後の休憩から1時間半、小屋の左側に突き上げました。

キツかったぁー(;;;´Д`)ゝsweat01

雪で冷やしたキンキンのビールが旨いbeershine

13:16 《門内岳山頂 1887m》
P1050275_800x600

《二王子岳 (中央奥)》P1050279_1024x768

《烏帽子岳(左)・梅花皮岳(中央)・北股岳(右)》P1050277_1024x768

《頼母木岳(中央)・地神山(右)》P1050280_1024x768

13:57 《記念撮影》
P1050285_1024x768
門内小屋をバックに“ハイ・ポーズ”scissors

P1050290_1024x768
スキー隊が先にシュゥーskidash ツボ足隊も続いて下山開始shoe dash

グリセードの練習を予定していたのですが、滑落停止訓練に変更。

15:45
P1050295_800x600
雪渓から夏道に・・・・。

P1050296_1024x768
来た登山道を辿り、

18:23、ゲートに到着しましたshoe 。。。

 

前日に石転び沢を登り門内小屋泊で門内沢を下りたノボラー2名と、丸森尾根を登り門内沢を下りるスキーヤー1名、スライドしたのは3名のみ。門内沢を登ったのはアタシ達の他には居ませんでした。
石転び沢も難義な雪渓ですが、門内沢雪渓登攀は
距離的に長い分、一層難義でした。晴天に恵まれたことと、多人数でトライ出来たことが山頂登頂の大きな要因でしたo(*^▽^*)o。

spa 梅花皮荘

 

 最高~ !(^^)!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

ポチッとよろしく!

 

|

« 粟ヶ岳@ヒメサユリ | トップページ | 越後白山@ギンリョウソウの花盛り »

山友会」カテゴリの記事

飯豊連峰・周辺」カテゴリの記事

コメント

こんにちは…
大変難儀なコースのようですね…
グループで行かないとルーファイも大変でしょうし、
途中でめげてしますかも知れませんね…
tuba姐さんが登頂した頃は下山中でしたが二王子岳から
門内小屋が良く見えていましたよ…
初めての二王子岳は大変でしたが展望が素晴らしく
良い思い出になりました…(^^)v
お疲れ様でした…good

投稿: ひまじん | 2015年6月10日 (水) 10時37分

tuba姐さん、こんにちは

やはり飯豊連峰は奥が深いですね。
皆さん腕に覚えの健脚、猛者ばかりでしょうか?
山に危険はつきものですが、私は山頂には拘らず
危険の無い登山を目指しています。
と言うか、根性も体力も終わっちゃいました~

投稿: | 2015年6月10日 (水) 14時15分

すごいなぁ・・・難関なルートを駆使し、残雪を登られて
山頂登頂おめでとうございます。 素晴らしい眺めを見て
絶景ですね。 山頂からの眺めは、ここに来ないと見れない。

投稿: エンドウマメ | 2015年6月10日 (水) 16時18分

門内沢を登るレポは初めてです。
すごいな~
しかし天気が良くて最高でしたね。

投稿: もうぞう | 2015年6月10日 (水) 19時38分

門内登頂、お疲れ様でした!

ベテラン揃いで難儀なコースも安心ですね。
まだまだ雪渓初心者なので、勉強がてら
付いて行かせてもらいたいもんです。(^^;

ちなみに、出会ったうちの丸森尾根を登ったスキーヤーは知り合いの山ヤさんです♪

それにしても快晴の飯豊、羨ましいです~!

投稿: 銀のねこ | 2015年6月10日 (水) 20時15分

門内岳の直登でしたかski
梶川経由だと思っていましたので驚きです。
羨ましいな~
いつか 二王子~門内やってみた~い。
飯豊登山者情報で遭難情報を見て一瞬ヒヤッとしましたが、
無事でなによりでした。ヨカッタヨカッタ。

投稿: めいさん | 2015年6月10日 (水) 21時04分

 雪解けが早く思うように雪渓を進むことができず、
大変な山行でしたね…
 そんな苦労の甲斐があって
門内岳山頂からの最高の景色note
キンキンに冷えたbeer
ク~~~ッ! ウマそ~~~happy02

 帰りも難儀な道を…
お疲れ様でした~ヽ(´▽`)/

投稿: 鍬岳 井助 | 2015年6月10日 (水) 22時28分

ご苦労さん でも面白そうな所だね 間違ってもこっちには無いからなー そういう場所 南アルプスへ入って行けば有ると思うけど。富士山でさえ雪はほとんどなくなってるしね。

投稿: ハッピーのパパ | 2015年6月11日 (木) 07時56分

おはよう!
大変な難コースだったようですね
本当にアドベンチャー、おまけにスキー担いで岩場を登る姿が印象的! 凄い
苦労した最後には頂上からの大展望のご褒美があるんですね
お疲れ様happy01

投稿: けいあん | 2015年6月11日 (木) 09時27分

石ごろごろ…難コース
長時間登って歩きましたね!
達成感、大、ですね。
お疲れ様でした(◎´∀`)ノ

投稿: マイン | 2015年6月11日 (木) 12時29分

石転びの梅皮花小屋までのルートよりも、標高差が大きいので大変だったと思います。天候に恵まれ良かったと思いますが、落石は一般道扱いのの石転びよりも多かったのではないですか。無事に登頂できて何よりでした。以前、門内小屋の山形県側にあるテン場から、少し降りてみたことがありました。
それよりも、出合いまでのルートファインディングが、大変だったとのこと、本ブログを拝見して尚更ほっとしました。

投稿: ハイジ | 2015年6月11日 (木) 20時03分

diamondひまじん さま

こんばんは♪
まず最初に(*゚▽゚)ノ…
二王子岳に向かって“ヤッホー♪”叫びましたよぅ~。下山途中だって薄々分かってましたけどネ(^^)v。
アタシの行動をメンバーが笑ってました^m^ふふっ♪
二王子から見る飯豊連峰ドッカーン!が大好きな眺めです。ひまじんさんにもイイ山の思い出になって嬉しいですよぅ~ヽ(´▽`)/
ホントに難義な門内岳登攀でしたwobbly
メンバーの皆が居たから登れた雪渓、イイ経験をしてきました。

越後の山にまた来てくださいませぇーgood

投稿: tuba姐 | 2015年6月11日 (木) 21時35分

diamond岳 さま

経験豊富なメンバーと山歩きが出来るアタシは幸せ者ですheart
雪上の歩き方を指導してもらったり、滑落停止訓練追加してもらったりと体験学習登山でしたshoe dash
回数を重ねないと上達しないと思いますが、イイ経験をしてきました♪
山頂には拘らず時間と天候で“ここが山頂!”になることが多んですよぅ~coldsweats01今回は、ギリギリでしたけどね(。・w・。 )watch

雪の状態が違っても上手に歩けるようになりたぁ~ぃshoe snow

投稿: tuba姐 | 2015年6月11日 (木) 21時59分

diamondエンドウマメ さま

ありがとぉ~♪

残雪期の飯豊連峰に憧れてますぅーheart
独りでトライ出来るほどの力量が有ればいいのですけどねぇーcoldsweats02
気心の知れた会のメンバーと一緒は心強く、山頂からの眺望もGET!出来ましたscissors

天気も良くて最高の山頂でしたよぉ~fuji


投稿: tuba姐 | 2015年6月11日 (木) 22時09分

diamondもうぞう さま

ハイ。
初めての門内沢トライでした。
石転び沢の幅の広さと直登とは少し違った門内沢、距離が長く感じましたcoldsweats01
夏道も長かったぁーーーーsweat01

投稿: tuba姐 | 2015年6月11日 (木) 22時19分

diamond銀のねこ さま

エェーッ!
ホントですかぁ~sign01
お知り合いのスキーヤーさんにお会いしたとは…ski

参加を希望してもNGを言われることも有ります。初めての門内沢に参加できて良かったと思っていますぅーscissors

来年も行けるように体力作りしなくっちゃー
銀のねこさんとバッタリンコの予感wink

投稿: tuba姐 | 2015年6月11日 (木) 22時32分

diamondめいさん さま

ご心配おかけました o(_ _)o

なかなか雪渓に上がれず、時間が掛かってしまいましたぁーcoldsweats02watch
門内沢より石転び沢の方が、時間的に楽の様な気がしましたよぅ~
イイ天気で二王子岳からのルートもバッチリ見えましたしねぇ~scissors
そそっ、
メンバーの中には、めいさんさんの希望のルート経験者が4名おりました。アタシは、未経験ですがcoldsweats01

二王子~門内岳レポ、待ってまぁーすpencil

投稿: tuba姐 | 2015年6月11日 (木) 22時53分

diamond鍬岳 井助 さま

ク――――・旨かったぞぉーbeershine
キンキンに冷えたビールがwink

どこまでも夏道を進んでいくので、雪渓歩きが出来るのか、ちょっと不安にもなりました。
長い門内沢歩きの末の山頂!
イイもんでしたよぉーo(*^▽^*)o
景色、最高!shine

天気が味方してくれた雪渓歩きにバンザーィ!(^^)!

投稿: tuba姐 | 2015年6月11日 (木) 23時06分

diamondハッピーのパパ さま

ハイ。
暑い日の雪渓歩きは気持ちイイし、面白いですよぉ~scissors
でも、大変でしたわぁーsweat01
今年は随分と雪渓も溶けていて難儀な門内岳登攀となりました。

来年に期待ですねぇーsnow

投稿: tuba姐 | 2015年6月11日 (木) 23時12分

diamondけいあん さま

こんばんは♪

連日の暑さで、雪渓もボロボロでしたweep
おかげで歩いたことも無い夏道のアップダウン登山!
雪渓に下りた時は、超・涼しくて気持ち良かった。
初めての門内沢登攀、イイ景色にキンキンに冷えたbeershineが美味かったよぅ~

飯豊連峰ドッカー!
の上に立ったよぉーーーhappy01 scissors

投稿: tuba姐 | 2015年6月11日 (木) 23時22分

diamondマイン さま

雪崩とも遭遇しちゃったぁーsnowsweat01
石もゴロゴロと落ちた跡が恐ろしいですね。
頑張って登って、イイ景色をGET!して、
キンキンに冷えたbeerが旨かったscissors

投稿: tuba姐 | 2015年6月11日 (木) 23時28分

diamondハイジ さま

ホントに長い夏道歩きでしたcoldsweats02
夏道もゴッソリ崩落して変化した箇所には驚きました。
雪渓に下りれたのが石転びの出合間近で、時間もかかってしまったりと難義しましたsnow
梅花皮小屋直登の石転び沢より、左回りで門内岳を目指す門内沢ルートは長いですね!
イイ天気に恵まれ、雪渓歩きの達者なメンバーと一緒で安心して歩けたことが何よりでしたよぅ。

山頂からの景色は最高でしたヽ(´▽`)/

投稿: tuba姐 | 2015年6月12日 (金) 00時03分

こんにちは!
飯豊連峰、門内岳登頂おめでとうございます!(^^)!
雪渓ボロボロ、石ゴロゴロ、登山道は崩落箇所あり、、もう拝見していてハラハラドキドキ、そして山頂ゲットにワクワクでした^^
お天気とお仲間さんに恵まれ、素晴らしい山行となりましたね✿
上から10枚目のお写真かしら? 高巻きに登山道を進むお写真など、むか~しテレビで観た、川口浩探検シリーズを彷彿させましたよ≧▽≦; 古ッ!
ところでスキー担いでいる方々ですが、スキーブーツで登られてるのですか@@?

投稿: らるご | 2015年6月12日 (金) 10時58分

diamondらるご さま

ありがとぉ~!(^^)!

どこまで行ったら雪渓に下りれるのか、不安になりましたけど石転びの出合(石転び沢と門内沢の分岐)直前くらいの所で雪渓に上がりましたdashホッ!
マジ、途中はサバイバルゲームかと思いましたわぁーΣ(`0´*)
足を滑らせたらシャッコイ激流に吞まれそうでしたもんwave

スキー隊は、スキーブーツをザックに入れて登山道はスニーカーで歩いてました。雪上でスキーブーツと履き替えてアイゼンもそれ用の物を装着してました。
緩斜面ではスキーにシールを貼って歩き、急登ではスキーを担いで登ります。
体力と根性が無いと山スキーは出来ませんねdespair

傾斜角度40度くらいの急登が、お越しをお待ちしていまぁーすgood

投稿: tuba姐 | 2015年6月12日 (金) 11時48分

お疲れ様でした!
レベルが違い過ぎて、
ただただ、驚くばかりです(^_^;)

投稿: 湯次 | 2015年6月13日 (土) 00時16分

熟練された皆さまならではですねぇ。雪があると本当に道がわからなくなるし状況判断のいる場所ですね。
そして急登、未知の場所ですがスゴイな~ってことだけはわかります☆

お疲れ様でした!shine

投稿: *mikan* | 2015年6月13日 (土) 22時42分

diamond湯次 さま

おはよぉ~♪
ベテランのメンバーに指導してもらいながら頑張ってきましたshoe
涼しい雪渓歩きの予定が、なかなか雪上に下りれなくて大苦戦でしたweep

投稿: tuba姐 | 2015年6月14日 (日) 09時45分

diamond *mikan* さま

雪山訓練数十年の経験者との雪渓歩きが出来ることは幸せ者なアタシですぅ~confident
左ひざに違和感がありグリセード練習は中止してもらって、滑落停止訓練にしてもらいましたsnow

暑い日の雪渓、涼しくて気持ちがイイぶん緊張します。
山頂の眺望が最高のご褒美でしたよぉ~lovely

投稿: tuba姐 | 2015年6月14日 (日) 10時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/367704/60312712

この記事へのトラックバック一覧です: 飯豊連峰@門内岳にキタ━(゚∀゚)━!!:

« 粟ヶ岳@ヒメサユリ | トップページ | 越後白山@ギンリョウソウの花盛り »