« 飯豊連峰縦走 (花) Vol. 4 | トップページ | 薬師岳 Vol.2 »

2009年10月 6日 (火)

薬師岳 Vol. 1

Cimg8842  薬師岳 2926m

009/9/26~27日 suncloud sun

 

【コース・26日】新潟発 4:00 === 薬師岳登山口 8:54 ⇒ 三角点 10:36 ⇒ 1904m地点 11:05 ⇒ 2011m地点 11:25 ⇒ 2133m地点 11:44 ⇒ 五光岩ベンチ(2189m) 11:57 ⇒ 12:59 太郎平小屋 14:10 ⇒ テン場 14:25

 

太郎平小屋の入口に、寒暖計が設置。 9月26日13:05の気温 13℃です。

 

href="http://outdoor.blogmura.com/tozan/">

『太郎山を経て薬師に至る。「太郎坂」 』 Cimg8818
登山口に、立派な資料館が・・・、ノボラー人口が多い登山口らしく、自動販売機もバカでかい。

 

トイレは、非常に奇麗☆☆☆

 

登り口から、ガンガン急登foot

 

紅葉山行の予感maple Cimg8821

ハ―ッ、フゥーッdashの急登をクリアすると・・・、遊歩道かと思える整備された、ゆるゆる歩きfoot

 

《三角点 1870.6mCimg8822
 

 

曇り空、風は肌に感じられないが、登りには、絶好調!!happy01

《整備された登山道》Cimg8825_edited
Cimg8829
  

《ヤマハハコ《キク科》雌雄異株》 Cimg8828_edited
みごとなブーケに、思わずcamerashine

 

ミステーゾーンに突入するのかな??? (ガスってきました)Cimg8833_edited

《五光岩ベンチ 2189m》Cimg8834

 

▽イワショウブ《ユリ科》 真っ白な花から、真っ赤な実に・・・変身!Cimg8836_edited

 

《太郎平小屋が霧の中に。。。》Cimg8839

Cimg8841
Cimg8843

ココから15分程で、テン場ですから~confident ってことは、 beerカンパァ~ィbeer

先週のシルバーウィークには、小屋泊もテンバ泊も2倍以上の混雑が続いたそうです。今日の、小屋泊はようやく2桁になったとか・・・shock

▽展望指示板Cimg8848 

 

《束の間の展望 北ノ股岳 2661.2m》Cimg8844 

 

《水晶岳 ~ 鷲羽岳 ~黒部五郎岳》Cimg8846 

 

《薬師岳(ガスの向こう!!)》Cimg8847

 

ほんの一瞬の晴れ間の展開。 明日の山行に期待がもてたshine

 

生ビールをグビグビのんで、ちぃ~っと早いがテン場にむかう。

 

▽もう、ガスって・・・。Cimg8849 

 

《テン場》Cimg8854

テントが数張。。。日暮れとともに寒くなってきましたmoon3

Cimg8858  

♪秋の夜は更けて~~

お泊り用ザックを担いで、テンバまで・・・長かったなぁ~coldsweats01 dash

食事を食べて、おやすみなさぁ~ぃ♪

 

|

« 飯豊連峰縦走 (花) Vol. 4 | トップページ | 薬師岳 Vol.2 »

北アルプス・周辺」カテゴリの記事

コメント

薬師でしたか~
私も近年中には行くぞ!!
でも近年中とは、情けなや。

投稿: もうぞう | 2009年10月 7日 (水) 20時09分

diamondもうぞう さま

ハィハィ、そう、薬師岳ですyo。。。
来年の計画では、ここから先が壮大な夢みたいな山行に!!
今から、ココロガときめいているのyo♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪
だんだんイメージが広がって…、
どうしょうuuuuuuconfident

投稿: tuba姐 | 2009年10月 7日 (水) 20時41分

ようこそ我が生まれ育った故郷富山市の山へ…

それにしてもこのところ益々ヒートアップで驚きです。
ただ私の周りにもあまりにも急激にハードな山歩きをしたせいで
膝や腰を痛め、2,3年で山歩きを止めざるを得なかった女性が
何人か居ます。
長く山を楽し見たいなら身体を必要以上に酷使してはいけません。
大事に労わりながら身体をつかったほうが良いです。
ジィ~ジと異なりまだまだ先は長いのです。楽しみは、長~く。

縦走を含め、薬師岳の山頂踏んだのはまだ僅か3回。来年当たり又 久し振りに歩きたく思っていたところです。

投稿: バテバテジジ | 2009年10月 7日 (水) 21時35分

diamondジィ~ジ さま

有峰湖を眺めながら、太郎平登山口へ・・・。
下山途中にも、眺めました。 
富山県の壮大な展望に、ため息・ため息・ため息!!でした。

輝さまの心配、ありがたく思いまます。
長ぁ~~~く、素敵な風景にとけこみたいと願っています。
未熟な足を大切に、余裕の山行を心がけて楽しみを大きなものにしたと思います。

ここに沁みるコメントありがとうございましたconfident

投稿: tuba姐 | 2009年10月 7日 (水) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/367704/31655892

この記事へのトラックバック一覧です: 薬師岳 Vol. 1:

« 飯豊連峰縦走 (花) Vol. 4 | トップページ | 薬師岳 Vol.2 »