« 越後駒ケ岳(1) | トップページ | 駒ケ岳@お花 »

2009年7月10日 (金)

越後駒ケ岳(2)

Cimg7893_edited 越後駒ケ岳 2003m

2009/7/5(日)sun

 

【メンバー】22名

 

【コース】4:55 枝折峠 5:05 ⇒ 明神峠 5:35 ⇒ 道行山 6:27 ⇒ 小倉山 7:13 ⇒ 百草の池 7:57 ⇒ 駒の小屋 9:00 ⇒ 9:20 ▲駒ケ岳山頂 9:28  9:45 駒の小屋 10:30 ⇒ 百草の池 11:08 ⇒ 小倉山 11:40 ⇒ 明神峠 13:06 ⇒ 枝折峠(下山) 13:35

▽枝折峠からご来光をのぞむ 4:57 Cimg7887

 

清々しい登山口から美しいご来光をみることができ、気持ちもシャキーン! いざ、出発!!

 

▽朝日が映る雲海Cimg7891

 

しばらくの間、雲海を眺めながらの登りがつづく。

 

▽中ノ岳(左)と駒ケ岳(右)Cimg7898
 

 

▽銀の道分岐 Cimg7895

 

▽明神峠と道行山の風景Cimg7896

▽小倉山Cimg7905

 

▽山頂に近づいてきましたCimg7921_edited

Cimg7922_edited   

▽駒の小屋Cimg7925

 

▽山頂直下の雪渓Cimg7935_edited

 

▽駒ケ岳山頂 2003mCimg7939_edited

 

▽記念撮影Cimg7940_edited 

 

今日、山頂までのノボラー隊は16名foot

 

▽山頂からの展望・中ノ岳と八海山(雲に隠れて!)Cimg7943
Cimg7944_edited  

▽駒の小屋に向かって下りる Cimg7945_edited_2

 Cimg7946_edited_3

▽ランチタイム Cimg7949_edited

 

食事をすませ、ガンガン下山。3時間程でフィニッシュfoot

 

来年、200名を招待するにあたっての問題点。

 

・炊事場の狭さ、200名分の食事作りはどうするか?

 

・トイレが少ない。仮設トイレの準備か?

・銀の道の下草刈。

 

・雨天を想定しての、登山道の整備。

 

・風呂は、何処にするか?

 

などなど、問題が山積。 秋にも、2回目の下見山行がありもっと細部までチェックが行われる。

 

JR東日本山岳会に岳友として参加した下見山行。 「来年の本番は、スタッフでお手伝いさせて頂きます。」と、挨拶して解散!!

 

href="http://outdoor.blogmura.com/tozan/">にほんブログ村 登山</a>

|

« 越後駒ケ岳(1) | トップページ | 駒ケ岳@お花 »

新潟県の山」カテゴリの記事

コメント

今頃の駒ヶ岳はキレイですね~
雲海の写真、滝雲のようにも見えますね。
そして大勢の割りには、結構ペースが早いな~

投稿: もうぞう | 2009年7月10日 (金) 19時47分

diamondもうぞう さま

ご来光も、雲海も久々でした。 早朝の’凛’と張りつめた一瞬!が、筆舌には・・・ですyo~。
其れにも増して素晴らしい、山屋さん達と山行が出来た事は、心を満たしてくれました。
足にスピードが必要かも・・・が、わたしの課題かな?

投稿: tuba姐 | 2009年7月10日 (金) 21時28分

駒ケ岳は好きな一座で残雪期含め、過去6、7回経験有りますが、
毎度 日帰りの為、2枚目のような写真撮ったことがありません。

以前の小屋の管理人だった米山さんの写真集持っていますが、
ため息が出そうなショットが数多く収められ、時折取り出し、
眺めています。

投稿: バテバテジジ | 2009年7月13日 (月) 07時24分

diamondジィ~ジ さま

この日、ご来光と雲海とセットで見れてラッキーでした。
雲海の中から生れたてのお日様が見れたら、拍手でしたのに。

稜線までが暑ぢ~ぃ・暑ぢ~ぃ登りでしたが、青空と雪渓のロケーション!! 最高でしたyo~。

ホント、イイ山でした。
わたしも、何度も登ってみたいと思います。

投稿: tuba姐 | 2009年7月14日 (火) 07時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/367704/30482070

この記事へのトラックバック一覧です: 越後駒ケ岳(2):

« 越後駒ケ岳(1) | トップページ | 駒ケ岳@お花 »