« 弥彦の紅葉(後編)・もみじ谷 | トップページ | 山本剛トリオ@JAZZ pub PALTIA »

2008年12月 7日 (日)

クライミングカップ in WEST

Cimg5920_edited_2第4回新潟県連 主催

2008/11/16(日)rain

【会場】三条WEST

Cimg5889_edited_4

《フリークライミングとは》

 手と足だけで壁を攀じ登り、難しさを追求するスポーツで、困難な課題(ルート)を、より少ないトライ回数で墜落しないで登りきることを競い合います。

 やく100年前、旧東ドイツが発祥の地といわれるこのスポーツは、1960年のヨセミテ渓谷で大きく発展。その後ヨーロッパ、アメリカで愛好者が増え、さらにクライマーは自然の岩のみならず、それに似せた人口壁でテクニックを磨くようになりました。

現在ではこの人口壁を用いてワールドカップが開催される大変メジャーなスポーツになっています。

日本では1970年代から、このスポーツを始める人が現れ今では、年約5戦のジャパンツワーが開催されています。

《ルールの説明と実技指導》

① トップロープクライミングの実践

② アンカービレー、ボディービレー

   アンカービレー: ビレーヤーの確保

   ボディービレー: クライマーの確保

③ リードクライミングのシステム

 ルート上の支点にヌンチャクを掛け、カラビナにロープをクリップしながら終了点に向かって登る。

《模範演技》Cimg5899_edited_2
Cimg5900_edited_2
Cimg5901_edited_2
Cimg5902_edited_2
Cimg5908_edited
Cimg5909_edited
Cimg5911_edited_2

講習を受け、しばらくの間練習。

練習後は、競技!!

男女ともに、グリーンのホールドとブルーのホールドの2回を登り合計点で得点を競う!!

ボード1枚が1点、13枚のボードをクリアすれば13点の得点獲得。

Cimg5917_edited_2

Cimg5919_edited_2_2
小学生!!とは思えない~~~。凄ッsign02

▽オーバーハングのボードにチャレンジ(男子のみ)Cimg5943_edited_2
Cimg5944_edited_2

いちばんの難関!そして、かなりキツイ態勢!

Cimg5945_edited_2

真下からの声援にも力がはいりますannoy

Cimg5947_edited_2
ココまで登ってきたのは、鈴木さんのみ。

 

声援にも熱が!!

Cimg5949_edited_2
▽終了点タッチ!!Cimg5952_edited_2


▽優勝!! 鈴木さんCimg5957_edited

▽優勝(女子)Cimg5965_edited

6年生の可愛いお嬢さんが優勝ですvirgo

大人に混ざっての大胆かつしなやかな技でお見事!crown 

で、初トライのtubaは最下位!! 2日間、腕が痛かったぁ~cryingsweat01

 

 

 

 

href="http://outdoor.blogmura.com/tozan/">にほんブログ村 登山</a>

|

« 弥彦の紅葉(後編)・もみじ谷 | トップページ | 山本剛トリオ@JAZZ pub PALTIA »

クライミング・沢歩き」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは。クライミングカップの時はお疲れさまです。写真見ていると、自分の登ってるフォーム、いまいちだなという事がよくわかってしまいました。

投稿: kageya | 2008年12月 8日 (月) 20時23分

diamondkageya さま

あたし、初めての体験でした。
杉滝岩より難しいだぁ~。セレブな屋内競技だと思っていましたが…。
単独でも山は登れるけど、確保が必要なクライミングは相棒が必須ですね。

あぁ、あたしの事ばっかカキコしたけど、kageyaのフォーム…云々は理解できないのyo。
模範的だと思ってUPしたんだけど…。

投稿: tuba | 2008年12月 9日 (火) 20時30分

高所恐怖症&BALANCE感覚0&体力不足のジィ~ジには、無理な世界です。
色んな事にchallengeするのは立派だと思いますが、無理だけはしないように…
少しずつ、数多くこなすことが、山を長く楽しむ為の秘訣だと思ってます。
怪我などなさいませんように!

投稿: バテバテジジ | 2008年12月10日 (水) 21時39分

diamondバテバテジジ さま

お心遣いありがとうございます。
会山行で荒沢岳に登った折、恐怖心で手も足も縮こまって…おまけに、腹痛まで。
山登りは不向きかと、考えあぐねておりました。

杉滝岩にクライミングの御誘いがありまして、岩にへばり付いてみましたら…。 なんとなく、山登りのノウハウが分かりかけてきました。クライミング技術をマスターすることは、楽しい山行につながっています。

最近は、山歩きが楽しくって・楽しくって山頂のbeerの旨さは格別!! 

いつも、心のこもったメールありがとうがざいますconfident

投稿: yukitubaki | 2008年12月11日 (木) 15時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/367704/25997925

この記事へのトラックバック一覧です: クライミングカップ in WEST:

« 弥彦の紅葉(後編)・もみじ谷 | トップページ | 山本剛トリオ@JAZZ pub PALTIA »