« 槍ヶ岳(4)・2日目(後) | トップページ | クライミング・杉滝岩(2) »

2008年7月20日 (日)

槍ヶ岳(5)・3日目

Cimg3628 救急箱 2600mに設置

 

南岳小屋と槍平小屋の連絡先

 

箱の中身などが書いてあった。

 

画面クリックで画像が拡大しますyo。

今日が3日目! 2000mをガンガン下山です。

 

コースは南岳新道!

 

Cimg3603_edited
この時季、南岳小屋脇のキャンプ地は、雪・雪・雪snow

 

Cimg3606_edited


Cimg3604

小屋のスタッフから、コースの説明を十分聞いてきた。

 

丸太橋→5m位ガレバ(危険)→50mロープでフィックス→30mの急斜面(危険)→雪切りがしてある30m→夏道ヘ

 

Cimg3609_edited_2

Cimg3608_edited
ガスで30m先の確認もできず、隊長がコースの確認を!

 

戻って来た隊長は、ガスで矢張り確認が出来なかった。

 

フィックスされた処までは、行けるが…、その先は、ピッケルもアイゼンも無ければ難しい。 兎に角、引き返そう。

 

*実は、事前に小屋に装備の確認をしており、危ない箇所は雪切りがしてあった。もしもの事を想定して、それぞれがアイゼンを持参していた。隊長は6本爪、友人は10本爪、私が4本爪アイゼン。

 

引き返すかどうかを話ていたところ…ガスが晴れたimpact 一瞬だが、コース全容が確認出来た。

 

Cimg3611_edited
かなりの急斜面!

 

私が、10本爪アイゼン装着。

 

友人殿が4本爪アイゼン。

 

あぁ~、ピッケルも欲しいわぁ~sweat02Cimg3610_edited

 

Cimg3614_edited

 

Cimg3612_edited_2
危険箇所クリアーsweat02dash二人のおかげです。 

 

雪切りした跡が白く見えていました。

 

Cimg3617_edited
振り返ってsweat01

 

たった、今下山した跡を確認!! dashdash

 

Cimg3621_edited
今度は、ブヨの大群の襲撃!

 

ペパーミントスプレーをシュッ・シュッ…。

 

 

Cimg3630_edited


Cimg3637_edited

 

 

Cimg3639_edited

 

 

Cimg3640_edited
最後の雪・雪・雪snow

 

Cimg3643_edited


Cimg3644_edited


槍平小屋!! さぁ~、beerriceballだぁ~catface

 

Cimg3645_edited

えぇ~???

 

ビール&ミルク???

 

何でもアリーノ!だけどさぁ~?!

 

チョット・チョット~。

 

グ~・グ~・グック・グ~!!

 

じゃ、ないぞぅ~。

 

で? 旨いの?

 

 

Cimg3647_edited

 

 

Cimg3648_edited_2
登ってきた登山道を下山。あと、900m位かな?

 

 

藤木レリーフpencilCimg3650_edited
藤木丸三: 日本で初のRCC(ロック・クライミング・クラブ)を創設。 大正14年(1925年)滝谷の大岸壁を初登はん。

 

 

ヒカリゴケpencilCimg3654
ヒカリゴケ科・ヒカリゴケ属の微小で原始的な形態をもつコケで、1科1属1種の環境省によって絶滅危惧種に指定されている貴重な植物である。

 

暗闇でエメラルド色に光っていた。

 

 

 

 

 

Cimg3671_edited
高平小屋からのコースは登りに使った夏道では無く、林道にコースをとった。

 

2000mの下山で足の裏がジンジンsweat01sweat01痛い。

 

Cimg3677_edited
無料Pの前の
深山荘で2日分の汗を流して、一路…新潟へ車を走らせたrvcardash

 

 

clover今日のお花clover

 

 

ミヤマダイコンソウ:バラ科・ミヤマダイコンソウ属budCimg3620_edited

ミヤマシオガマ:ゴマノハクサ科・シオガマギク属budCimg3626_edited

オオヒョウタンボク:スイカズラ科・スイカズラ属budCimg3631_edited

ウラジロナナカマド:バラ科・ナナカマド属budCimg3633_edited
ショウジョウバカマ&キヌガサソウ…コラボbudCimg3635_edited

ミツバオウレン:キンポウゲ科・オウレン属budCimg3636_edited

impactSOS。。。bud ショウキラン…cloverCimg3658_edited

オオヤマレンゲ:モクレン科Cimg3666_edited

 

href="http://outdoor.blogmura.com/tozan/">にほんブログ村 登山</a>

|

« 槍ヶ岳(4)・2日目(後) | トップページ | クライミング・杉滝岩(2) »

北アルプス・周辺」カテゴリの記事

コメント

雪渓のトラバース、油断するとヤバそう!アイゼンの準備をしていって良かった、ヨカッタ。SOSはラン科のショウキランかも。

投稿: アルプスの古兵 屁イジ | 2008年7月21日 (月) 19時38分

アルプスの古兵 屁イジ ちゃん!

ほんと!ヤバイ。。。
石転沢を連想してしまったわぁーsweat02
装備は、引き算したらNGだね。
ガスが、晴れなかったら…引き返してたかも。

ショウキランですねぇ。
ありがとうconfident

投稿: @ほろ酔いtuba | 2008年7月21日 (月) 20時41分

雪渓はピッケル有ると便利です。
スプーンカットの残雪涼しげです。
ホンにイッペこと花の名前覚えて大したもんだ!!
オオヤマレンゲ見れて良かったねぇ~

投稿: | 2008年7月23日 (水) 15時11分

名なしの輝ちゃん!

うふふっ!ぎゃははぁ~!えへへっ!
なんだか分からないけど、メッチヤーはじけるンですyo。
身体の中がマグマみたくー…impact
フツフツと沸いてくるみたいshine
はまったぁ~。 山に。 花に。
超、なまら、イッペこと…弾けてみたい。
で、オオヤマレンゲ。
奇麗でしたyo。

投稿: @ほろ酔いtuba | 2008年7月23日 (水) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/367704/22418664

この記事へのトラックバック一覧です: 槍ヶ岳(5)・3日目:

« 槍ヶ岳(4)・2日目(後) | トップページ | クライミング・杉滝岩(2) »