« 鳳凰小屋の翁 | トップページ | 博士山 »

2007年10月13日 (土)

倉手山

Cimg1400 飯豊の山並み♪(*^ ・^)ノ⌒☆ミエル・ミエル

 

あぁ~、なんていい眺めなんだろう☆彡

 

天気は、上々! 景色は、メッチャいい!

 

画像クリックでチョッコ拡大

 

【コース】 8:43登山口~10:25山頂12:59~14:10登山口P

Cimg1394

先週の山行で足の捻挫が(、_q゛)イテテェー;;;、ロングコースは諦めて単独で倉手山にのんび~ぃり山行を決めた…。 (♡p'v`q♡) エェーッ!一緒に行ってくれるんだぁ~。 私は、始めての山だけどぅ…相棒は何べんも登っている山なのに…('A`)bシュ・シュミマシェン。 

 

登り口は、その前を何度も通過したこともあって、すぅ~ぐに到着!

 

ひと足先に3人グループが登って行った。 1時間も登らないうちに大境山が見えて来た。あぁ~、なんだか(.∀゜bb!ルンルン気分☆彡

Cimg1401

足どりかるく、アッ!というまに頂上に・・・。

 

飯豊の山並みがみえるぅ~ヽ(´ー`)ノアァ~・最高!

Cimg1408 Cimg1406 Cimg1397

丸森尾根・梶川尾根・ダイグラ尾根、北俣岳~朳差岳~大境山~光兎山まで…。 ☆ヽ(▽⌒*)イイネェ・イイネェ。

 

先に登った3人グループは菅名山岳会のみなさんでした。 おつまみ御馳走さまでした。菅名岳に、また行きまぁ~す。 登山道~標識までいきとどいたイイ山ですね。

 

情報交換しながら、の~んびり2時間半。 

 

汗は飯豊梅花皮荘で流して…(!∀・)ノ*ふぅ~・大満足☆彡

|

« 鳳凰小屋の翁 | トップページ | 博士山 »

飯豊連峰・周辺」カテゴリの記事

コメント

ユキツバキ姐さん、ありがとう☆
簡単に頂上に立てて、スリバチの底から周りの山々を見上げるロケーション、他にもあったなぁ。川内山群を見渡せる光明山だわ!雪が積もってしまう前に行って見る?

投稿: ニコラス・屁イジ | 2007年10月23日 (火) 20時06分

ニコラス・屁イジ !!

えぇ、光明山に登りたいワ!
最近ね、登りたい山の形が見え隠れしているのyo。 自分の登りたい山が登れたら最高よね?!
いつも、お付き合いありがとう☆

投稿: ユキツバキ姐さん | 2007年10月24日 (水) 20時07分

ユキツバキ姐さん 殿
仲に割って入ってご免!
このコース歩いた事ありまへん。
だろも 泡の湯から1キロほど先のPから、ひとはねの峰経由
グルーッと廻って歩いたyo。(残雪時)
結構歩きで有るし面白い。。またひとはねの峰から反対に、
あいの峰経由鍋倉山もとても素晴しい。デ~グラ尾根目の前ですyo。地図でチェックしてみたら!!

投稿: バテバテジジちゃん | 2007年10月25日 (木) 10時28分

バテバテジジちゃん !!

うんうん、地図チェックしましたyo~!
残雪期に行くんですね、分りました。
今回の倉手山は、素晴らしいパノラマでしたyo☆彡
山行の軌跡が見えて、でもって目指すデ~グラ(?)尾根が見える。はぁ~、たまらないワ~。
輝ちゃん!もっと詳しく知りたいなぁ~?
如何すれば、いいかしら? 教えて☆彡

投稿: ユキツバキ姐さん | 2007年10月25日 (木) 21時45分

輝ジィ~ジさんのコメ、本当に理解できた?
今回、歩いたコースは山形国体の時に出来た比較的新しいピストンコースなんだね。んで、輝ジィ~ジさんの云う道は温身平へ抜ける昔からある冬道かな。652mコルから倉手山方向に向かい893m峰経由で倉手山頂を踏んで、790m峰から下山したんだと思う。踏み跡はしっかりしてるので、秋だったら歩けるかも?!

投稿: ニコラス・屁イジィ | 2007年10月25日 (木) 22時46分

ニコラス・屁イジィちゃん !!

地図上では、ピークをチャンと確認できました。そうなんだ?!踏み跡もあるんだ。
残雪期が、おススメのコースなんかなぁ~?
なんだかワクワクするわぁ☆彡
雪の飯豊を歩く☆イイネェ・イイネェ。
石転び沢も☆イイネェ・イイネェ。←ついでにカキコ。ヘヘッ!
あぁ~、北俣岳はどうなった???石転び沢から登る?

投稿: ユキツバキ姐さん | 2007年10月26日 (金) 22時05分

最近の踏み跡だけど、アタイが確認したのは倉手山から南の893m峰、ここはバッチリ。他は分岐から覗いただけ。倉手北方の790m峰からもしっかり踏み跡があったし、893m峰から先も踏み跡があったよ!んで、誰かが知ったかぶりと揶揄したのかな?

投稿: ニコラス・屁イジ | 2007年10月31日 (水) 21時34分

ニコラス・屁イジ ちゃん!!

そんなに慌てて、もう一つの倉手山コースに行かなくてもイイわyo。
輝ちゃんが、チャレンジした時期に行ってみたいかなぁー。来年にしませんか?
もういちど、デーグラ尾根を・・・雪のデーグラ尾根をみてみたい?! しっかり目に焼き付けておきたいなぁ?!

投稿: ユキツバキ姐さん | 2007年10月31日 (水) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/367704/8564988

この記事へのトラックバック一覧です: 倉手山:

« 鳳凰小屋の翁 | トップページ | 博士山 »