« 守門のセッピ | トップページ | 会山行・大荒れの石転び沢 »

2007年5月 4日 (金)

花の佐渡・アオネバ渓谷

Cimg0167_1 初めての over the sea 6:10新潟港発のJで両津へ一時間で到着。早速、タクシーに乗り込みアオネバ登山口。 一歩足を踏み込んだとたん(@_@。ウッハァー凄い!ブーケの中に入り込んだようだ!! お花畑だぁー、オドリコソウ・ヒトリシズカ・ニリンソウ・シラネアオイ・・・、一輪二輪なんてけち臭いくない、一面が花・花・花。 足が進まない、あっちでパチッこっちで シャ(^v^)イイネェ・イイネェ。 

 

おぉ!(青ネバ・ユブ)この辺りから、カタクリ・二ガナ・ユキワリソウ・ザゼンソウになってきましたよ(^u^)オゥ、ザゼンソウ!実は私、ザゼンソウを見るのが初めてでした。 初めて見るものにどうもメッチャ興奮するようで、 ザゼンソウもたぁ~くさん撮り捲りました!(^^)!スッゴーイゾゥ。 達したのが10:55分ポレポレ隊の最低コースタイムを更新したかな(^^♪ポレポレ・ジャンボ!!

Cimg0181

Cimg0191

《マトネ》Cimg0196
マトネ(笠峰:937.5m)に到ニセテングの休場辺りは、ユキワリソウがまだ満開。ここからずっと金北山までは、カタクリとイチゲが途切れる事無く咲いていた( ^^) フゥー・メンメが皿(@_@;)状態でした。

Cimg0201

Cimg0202_4

Cimg0197_2
金北山が見えてきました。ヨゥーッ!頑張ろうhappy02

Cimg0204

Cimg0206

Cimg0215

花の山にスプリングエフェメラルが・・・。 真っ白なカタクリshine

《フイカ沢のコル》Cimg0216
《真砂の峰》Cimg0218

山頂まで、まだ遠い~~~~dash

《アヤメ池》Cimg0229

Cimg0230


Cimg0233

《金北山山頂 1172m》Cimg0237

Cimg0239_2

Cimg0242_2

役の行者から山頂までは、まだ残雪が。 山頂(自衛隊の施設)付近お  昼を食べ、自衛隊道路を一時間で降り「白雲台」へ。16:40分に予約しておいたタクシーに乗り両津へ・・・のつもりが「佐渡銘醸」に、たっぷり目の試飲にほろ酔い気分(#^.^#)ウマイ!!

 

18:40両津発の船で21:00新潟へ到着。時期を変えてまた行きたいなぁ♪ ハァー佐渡山行! アオネバのお花が夢に出てくると言ってたタクシードライバーの池さん。今度、行ったらご指名だね☆ 今回もいい山行、ありがとね☆

 

6:10新潟発J~7:10両津着~7:50アオネバ登山口(タクシー)~8:33青粘登山道中間点・落合~9:05青ネバ・ユブ~マトネ(笠峰:937.5m)~11:23石花分岐~ニセテングの休場~12:05ブイガ沢のコル~12:26真砂の峰~12:34イモリ平~12:58イラツボ沢のコル~13:16天狗の休場~13:51役の行者~14:27あやめ池~14:54金北山(1172.1m)~16:32白雲台~18:40両津~21:00新潟

 

早朝割引のジェットフォイルで時間短縮がおススメの日帰り山行!今回は、温泉なしでした標準タイムでの山行ならば格安のいい湯アリーノ(お問い合わせは、タクシードライバーへ)!

 

ドンデン山~金北山:http://www.ryotsu.sado.jp/donden/course/kin.html

 

佐渡汽船:http://www.sadokisen.co.jp/okane/tokuwari19_4.asp

 

 

|

« 守門のセッピ | トップページ | 会山行・大荒れの石転び沢 »

新潟県の山」カテゴリの記事

コメント

yukitubakiさま
花の佐渡一日たっぷりと満喫された由、何よりです。
小生7.8年前の4月反対コースから(自衛隊基地)歩きました。
新潟県の観光資源、そして活性化には欠かせないところですね!
大事にそして有効に活用したいものです。
ヒトリシズカ シラネアオイ好きな花です。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2007年5月 6日 (日) 11時06分

輝ジィ~ジちゃま!!
ようこそ!
エッ!over the sea も?4月と言えば、もユキワリソウを採取?!じゃないですよね?撮影かなぁ?チョッコ(;一_一)ギモン。輝ジィ~ジさんの行ってない山を探してみたくなっちゃいましたyo。
ヨゥーシ!メッチャ頑張っちゃいますからね。アッ、そうそう山行のコースを含むってのは、いかがかしら?どうyo?
何でも、ご存知の輝ジィ~ジさん。ブログのKNOW-HOWが理解できずに、四苦八苦です。映像のペッタンコUPがぁ(~_~;)デキナイヨゥ。うぅ~ん、ブログの奥は深いなぁー(^^ゞ!!
今日は、ありがとう御座いました。

投稿: yukitubaki | 2007年5月 6日 (日) 21時24分

1st コメを輝ジィ~ジさんに譲ってしまったけど、まあ良いか。相棒のお気に入りだもんね?!佐渡って新潟から近いようで遠いなぁ。独特の歴史と文化があったりしてね。その一端が藤島玄さんの「越後の山旅」にも触れらているんで、明日コピーしてラビューン。

投稿: M44星人@自宅 | 2007年5月 6日 (日) 21時54分

M44星人ちゃま!!
ようこそ!
ホント、いい山行でした。♪はぁ~、佐渡へまた来いちゃ♫って、言われているみたいyo。TBまで、ありがとう☆また行こうョ&次はどこにするゥ?行きたい山、いっぱぁ~イで、あはははぁー。どっからでも登ろうyo。ヨロチクネ☆

投稿: yukitubaki | 2007年5月 7日 (月) 21時10分

親愛なるyukitubakiさん☆
角田のアップから飛んできたけど、気のせいか、なんか写真が増えたような?!んで七福神の石碑だけど、光兎山の里宮にも、お・ん・な・じ、ものがあるyo!

投稿: 屁イジ | 2008年4月26日 (土) 22時02分

屁イジちゃん!

エヘッ。
映像・ペッタンコ~ペッタンコ~してみましたconfident
どうyo~
光兎山登山、今年も地元のノボラーと?

ぅう~ン!七福神の石碑が光兎山の里宮にあるyo。って云ってたのを、思い出しましたgood

鷲ヶ巣山行途中から、ずぅ~と光兎山見えてました。
立派でした。 まさしく”マッターホルン”sign03
アハハッ~、マッターホルン行ったことないワぁ~catface

投稿: yukitubaki | 2008年4月27日 (日) 13時26分

へへっ、こんばんは☆
光兎山、未だ案内が無いは!昨年も岳父の告別式で、村の区長から招待されて参加したのだけど。今年も1年祭が5月末にあるので、そのときに参加を決めるつもりです。

マッターホルンだけど、来年辺りに麓まで行ってみたいなぁ!

投稿: へいじ | 2008年4月27日 (日) 23時23分

へいじちゃん!

へいじさんは、マッターホルン山行ねぇ。
いいなぁ~!
ガンバgood

投稿: yukitubaki | 2008年4月28日 (月) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/367704/6320948

この記事へのトラックバック一覧です: 花の佐渡・アオネバ渓谷:

« 守門のセッピ | トップページ | 会山行・大荒れの石転び沢 »